オープン・ウォーター・ダイバーは自分を守るということをつねに心がけているのです。

オープン・ウォーター・ダイバーになったら、インストラクターなどの監督者なしでもダイビングができるようになります。ということは、いつもプロフェッショナルが近くにいて、緊急時でもすばやく蘇生法を実施してくれる、とは限らないわけです。陸上では決して味わえないようなワクワク感やドキドキ感を求める意欲旺盛なダイバーこそ、応急処置をマスターして安全なダイビングを心がけるべきです。

そもそも、オープンウォータダイバーは、インストラクターがいなくてもダイビングができるという資格です。

ダイビングのライセンスを取得したときのことを思い出して下さい。どんなことをやりましたか?

マスクに入った水を追い出す“マスククリア”、レギュレータが口から外れてしまった時の対処方法の“レギュレータクリア”や“レギュレータリカバリー”、空気が少なくなったり、無くなってしまった時のための“オクトパスの使い方”など・・・

これらはすべて、インストラクター無しで潜るためのスキルです。

しかし、これらのスキルを、オープンウォータダイバー講習が終わった後も練習していますか?多分、ほとんどの方が練習なんてしたこと無いと思います。マスクに水が入るのは普通にダイビングをしていても良くあることなので、必然的にマスククリアは練習していることにはなりますが、それでもマスククリアが苦手な方は多いと思います。